地域福祉論②

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数181
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本の地域福祉に影響を与えた海外の考え方について述べよ。」
    1.序論
    我が国の戦後の社会福祉は、大きく社会保障の側面をイギリスから、ソーシャルワーク技術の側面をアメリカから受けている。それまでには、福祉政策を労働政策、社会主義政策の側面からとらえる傾向が強く、平成12年の社会福祉法で規定された“地域福祉”は、過去の社会政策、労働政策からまったく切り離して存在するものでもない。この点を考えると、“地域福祉”は、市民革命の思想、福祉国家の思想、人権思想など多くの思想と我が国の実際の政治、社会、経済の歴史とその状況化で存在した、福祉、医療、雇用などの問題を解決すべく発展したものとして考えることができる。本稿では、現在の“地域福祉”として、発展するまでにどのような福祉の思想が基礎となっているのが整理して、地域福祉のあり方の基礎を確認する。
    2.本論
    ●福祉国家の思想
    市民革命後のヨーロッパ諸国では、産業の発展と引き換えに、従来の農村社会が崩壊し、様々な社会問題が発生するようになった。そこで、議会を通じて政策を実現していった経験と社会調査による社会問題の分析を通じて、国家の立法、政策によって、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。