ソーシャルワーク演習Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数163
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域住民に対するアウトリーチとニーズ把握の重要性について述べよ。」
    1.ソーシャルワークの基本的定義とソーシャルワーカーに必要な資質
    ソーシャルワークは、権利擁護と社会正義を基本原理として、社会福祉を実現すること目標とする。権利の擁護には、当事者の権利の自覚を促すこと、権利侵害を除去する、あらたな権利を形成することを目的として活動する。そして、ソーシャルワーカーは、専門家としての固有の知識である、社会、政策、法律、制度、人間、ソーシャルワーク実践の方法、援助技術、アプローチなどの技術を持たなければならない。
    2.現在の福祉環境から求められているソーシャルワークとアウトリーチの重要性
    アウトリーチとは、具体的には、積極的に権利擁護の目的で、クライエントのもとに出向いていき、その対象者、環境について、問題を把握することである。目的は、信頼関係の形成、情報提供、事前評価、モニタリングなどである。産業社会を基本とする福祉国家の現状は、ソーシャルワーカーのアウトリーチをより必要とするようになってきている。そして、アウトリーチを通じて、ソーシャルワーカー自身が資質の向上につとめなければならない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。