ソーシャルワークⅠ②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数175
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワークの理念について述べよ」
    ソーシャルワーカーとは
    ソーシャルワーカーとは、社会福祉学を基礎に、ソーシャルワーク実践を行う専門職のことである。ソーシャルワーカーは、ソーシャルワークの価値を基盤に、専門知識、技術を活用し、ソーシャルワークを実践する。
    ソーシャルワーク実践と価値
    ソーシャルワークの根拠は、ソーシャルワーク実践を方向付ける価値や理念であり、ソーシャルワーカーは、実践における「価値」の重要性について理解を深めなければならない。また、実践においてソーシャルワーカーは、対象者の選定、支援の方向性、時間配分、社会資源の配分において、「価値」に強く影響を受ける。「価値」について理解を深め、整理することは、ソーシャルワーカーにとって、必須である。
    ●価値とは
    価値は様々な意味を持つ言葉であり、①良いと言われる性質、②好き嫌いの対象となる性質、③団体や集団の構成員が共有する良い性質、④誰もが良いとする普遍的な性質などの意味で用いられる。
     誰でも固有の価値観をもっており、ソーシャルワーカーも個人としての価値観を持っている。自分が何に価値を見出し、何には価値をおかない傾向があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。