ソーシャルワークⅠ①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数187
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワークの形成過程について述べよ」
    1.ソーシャルワークの本質
    現代社会は、少子高齢化の問題を抱え、ニートやワーキングプア、児童虐待など様々な問題を課抱え、ソーシャルワーカーは社会構造の問題にも積極的にとりくむことが必要である。しかしながら、社会情勢や福祉課題が変化し、ソーシャルワーカーに新しい機能が要求されたとしても、ソーシャルワークの本質を根拠に活動しなければならない。そこで、ソーシャルワークの本質の確認のため、ソーシャルワークの源流と確立について理解する。
    ●ソーシャルワークの定義と構成要素
    ソーシャルワークの対象は幅広いため概念を確認する必要がある。そこで、国際ソーシャルワーカー連盟の定義を確認する。
    「ソーシャルワーク専門職、人間の福利の増進を目指し、社会の変革を進め、人間関係の問題解決を図り、人々のエンパワーメントと解放を促していく。ソーシャルワークは、人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人々がその環境と相互に影響
    し合う接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である。」としている。
     ソーシャルワークを構成する要素に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。