パニック障害

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数306
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    パニック障害について
    パニック障害とは神経症の一つに分類され予期しないときでも突然の不安発作が起こり恐怖感が強く残る場合が多い。パニック障害の原因は心理的要因に加えて、生物学的要因が報告されている。これは、脳内神経伝達物質のセロトニン不足が主な原因である。ストレスホルモンの一つとされるノルアドレナリンが過剰にならないようセロトニンが放出されバランスをとるが、パニック障害ではセロトニンの不足によりバランスの異常が起こるとされている。 症状は動悸や頻脈、心拍数の上昇、発汗、震え、呼吸困難、窒息感、胸痛、胸部苦悶感、吐気、腹部不快感、めまいや時に非現実感や離人感を体験したり自己制御喪失の恐れを感じる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。