商業英語II

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数104
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信商業英語II

    代表キーワード

    日本大学商業英語

    資料紹介

    一度でパスしたレポートです。

    内容を把握するだけでもご自身で書きあげられる良いソースになると思います。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     プレゼンテーションの定義とは、この教科書によると、ショートスピーチとディベートがミックスされたもので、最高にドラマタイズして、所定の目標や目的を達成する為の説明、紹介、解説、説得の手法であり、メッセージの伝達である。
     日本人がプレゼンテーションを苦手と一般的に言われている理由を教科書に沿って挙げるとすると、それは基本的なMindsetが出来上がっていないという事である。その為、結果として不明確な目標や目的に対して中途半端な力を注ぐ事となり、訴求力の無いプレゼンテーションを生み出す。具体的には、興味をそそり、注意を引き、取り扱うサブジェクトの魅力を最大限に伝達させないと「競争上の優位性」を得るプレゼンテーションは出来ないはずである。その為には以下のような要素を対応策として心掛ける事を提起する。
    1.正確な用語の使用(意味不明な英語表現や不適切な言葉では企業価値の国際力や信頼も揺らぐ。)
    2.メタ認知(対象に快く受け入れられ易い振舞い…明るく元気、冷静でクール、礼儀正しく等。笑顔で無邪気に「悪知恵を働かせれば核弾頭にも応用出来ます」等冗談以外で発言すれば命取りである。)
    3.間を読むセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。