英米文学特殊講義 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数358
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキストを噛み砕いた良い表現だといった講評をいただきました。内容を把握するだけでもご自身で書きあげられる良いソースになると思います。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 英米文学特殊講義 分冊2 平成25、26年度課題
     ヴィクトリア朝時代は1870年頃を頂点としてイギリスの国威が最も発揚した時代であり、高度成長の一途を辿る半面、アダム・スミスの「国富論」の“laissez-faire”という経済法則に呑まれたセンチメンタリストとメレディスが呼ぶ人間が溢れたとされる。人々は豊かになり、大衆における文化が著しく変化し、小説は大衆の好みに合わせるものへとなっていた。現代で言うゆとり社会に溺れる大衆は、自分で考えて判断しなくなり、受け身で善し悪しを判断するようになった。メレディスはそういったThe Massの陥った精神状態やその背後に潜むPrecariousな世界を警告し、センチメンタリストをターゲットにヴィクトリア朝時代を批判した。メレディスの求める読者とは、小説をひとつのorganismとしてとらえられ、great matterがsmall matterから生じる事を読み取る目がある読者である。つまり、筋書きを小説の中心におかず、人間を根本から動かすものにも目を据え、現代人のあり方を追求する作者である。このような考えで、彼は当時のベストセラー小..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。