放送英語

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信放送英語

    代表キーワード

    日本大学放送英語

    資料紹介

    一度でパスしたレポートです。

    内容を把握するだけでもご自身で書きあげられる良いソースになると思います。ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     放送ニュース英語の語学的特質を理解する為には大きく分けて3セクションの記事構成が基本的要素であると考えられる。SECTION1は5Ws+1Hの使用原則で、What, When, Where, Why, WhoとHowの内容を文章に含ませるという事である。しかし、記事のLeadに対しては全てを盛り込む事はせず、Bodyで詳細を伝える為に用いる事を常とする。On December 22nd in 2013, massive temblors of magnitude 8 hit Tokyo Japan leaving hundreds of thousands of civilians dead and injured by collapsed buildings. 訳:2013年12月22日、日本の東京を震度8の激しい地震が襲い、何千人もの市民が死傷している模様です。
    次にSECTION2は5W1Hの要素が無いLead部分に注目を引きつける仕掛けを施す事である。新聞と異なり、Headlineが無い分、BODYを見たくなるようなキャッチーなLead作りを心掛ける。長くなりすぎず、簡単にし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。