教育相談 試験対策 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数135
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳通信試験教職

    代表キーワード

    聖徳大学教育相談

    資料紹介

    最新の傾向では、「1.カウンセラーがクライエントに応答する際、考えられる原則を5つあげなさい」の1問のみの出題のようです。
    ただし、傾向が変わった場合はご了承下さい。

    ・参考文献
    『カウンセリングのすすめ方』 中西信男・那須光華・古市裕一・佐方哲彦  有斐閣新書 2009.4.5

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育相談テスト問題
    1.カウンセラーがクライエントに応答する際、考えられる原則を5つあげなさい。
    カウンセラーが応答する際、考えられる原則としては、次の5つが挙げられる。
    ①「正確な共感的理解」共感的理解をもつことで、来談者は自分の考え・感情が理解されていると感じ、発言が促進される。これにより、信頼とラポートが確立される。
    ②「カウンセラーの純粋性」カウンセラーが純粋であること、または自分自身と自分の役割に一致性があることが重要である。もし、カウンセラーがお芝居のようにその役割を演じているだけなら、来談者からの信頼は得られないだろう。カウンセラーであれば、自発的で自己防衛でなく、自分自身になり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。