女性と子どもⅡ 第2課題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数180
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳通信

    代表キーワード

    聖徳大学女性と子ども

    資料紹介

    ・課題
    住居は安全でなければならない。
    自然及び人為的災害に対する家屋と家屋内の安全対策について説明しなさい。

    ・講評
    しっかり学習したことがわかる。
    テスト前の学習でも、テキストに沿ってしっかり学習されるように、成果を期待している。

    ・参考文献
    『女性と子どもⅡ』 福田若葉 聖徳大学通信教育部 2007.4.1
    『トコトンやさしい地震と建物の本』 齊藤大樹 日刊工業新聞社
    2013.3.22
    『空き巣の防犯対策』 警視庁・生活安全総務課・生活安全対策第二係  2013.12.27(情報取得日)
    http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/ppiking/akisu.htm

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第3設題
     住居は、生活時間の多くを過ごすため、安全であることが必要条件である。しかし、日本は、古来より自然災害が多いため、住居の安全を守るためには、様々な備えで対策をたてることが大切である。
     ここでは、その対策としてまず、家屋の強度への安全について述べる。近年、異常気象・地震や宅地造成の不備などが原因で、各地で崖崩れ・住宅崩壊が起きている。これらの災害に対抗するには、柱・梁が頑強に作られた構造の家屋にすることが理想である。
     そこで、たとえば地震対策であれば、木造の接合部に金具を使用、鉄筋コンクリート部材の鉄筋を密に入れるといった構造で、建物が倒れないようにしている。
    これは、多..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。