女性と子どもⅡ 第1課題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数169
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ・課題
    健康に生活するためには、1日になるべく多くの食品を摂取することの必要性がいわれている。この理由を説明しなさい。
    また、食生活及び生活全般での生活習慣病を防ぐための心がけを述べなさい

    ・講評
    しっかり学習したことがわかる。テスト前の学習でも、テキストに沿ってしっかり学習されるように、成果を期待している。

    ・参考文献
    『女性と子どもⅡ』 福田若葉 聖徳大学通信教育部 2007.4.1
    『栄養の教科書』 中嶋洋子 ㈱新星出版社 2013.2.15

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第4設題
     人は、毎日の食事で食物に含まれる栄養素を胃・腸などの消化管で消化・吸収し、体内にとり入れることで生活している。これは体を維持し、生きていくために誰もが当たり前のように行っていることである。
    ただし、もし日々の食事で必要な栄養素を得られなければ、活動力の低下だけでなく感染・ストレスへの免疫が下がり、体調の悪化や生活習慣病などの病気にかかりやすくなってしまう。
     つまり、栄養バランスを考えずに気分・嗜好等で決めた食事、たとえば、活動エネルギーとして消費しやすい糖質ばかり摂取すると、そのときの食欲や体の維持はできても、健康を保つことはできなくなる。
    そのため、1日3食を基本に、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。