NPO論Ⅱ 第2課題 評価S

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数104
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳通信

    代表キーワード

    聖徳大学NPO論

    資料紹介

    ・課題
    学習指導書の第6回講義から出題する。日本における企業の社会的責任の隆起を時代の流れに沿って、5段階で論じなさい。

    ・講評
    出題に対する答えの説明が明快になされています。

    ・参考文献
    『NPO論Ⅰ・Ⅱ 学習指導書』 羽生和夫 聖徳大学通信教育部 2008.4.1
    『NPO基礎講座(新版)』 山岡義典 ㈱ぎょうせい 2008.7.30

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     企業の社会的責任(CSR)とは、企業が事業活動において利益を優先するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、顧客・株主・従業員・取引先・地域社会などの多様なステークホルダーからの要求に対して適切な意思決定をすることである。
     この企業の社会的責任をキャロル(1981)は、次のように分類した。①企業の本来的責任である経済的責任、②社会的義務としての法的責任、③法的ではない社会の期待である倫理的責任、④自発的な社会関与としての裁量的責任の4つである。ここでいう裁量的責任とは、責任というよりも社会貢献に対応するものである。
     次に、上記のCSRの定義を踏まえて日本に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。