小児看護 第1課題 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数228
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・課題
    第1課題第2設題
    学童期の健康障害(喘息・アトピー性皮膚炎・起立性調節障害・貧血)の原因、症状、治療、看護について説明せよ

    ・講評
    おおむねまとめられていますが、一般的な内容にとどまっています。さらに踏み込んで学習を深められるよう期待します。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第2設題
    ①「喘息」アレルギー関連細胞が関係する慢性炎症により、過敏になった気道が狭窄する閉鎖性の換気障害。 
    原因は主にダニ・ハウスダストなどの吸入性、牛乳・大豆等の食物性であるが、大気汚染・心理的なストレス及び運動等が関与することもある。症状は、笛声喘鳴・呼吸困難で、発作を繰り返し死に至ることがある。
    治療には、発作予防の「環境整備」と発作を抑える「抗アレルギー薬・気管支拡張薬の長期服用等」で、発作時の看護の際は、できる限り安静にさせベッドなどで座位を保ち、医師の指導のもと上記の薬を使用する。また、発作の予防のためにも、安静にばかりさせず運動・行事には積極的に参加させる。指導では、患児にわかるよう疾患の概要・必要な治療・毎日のケアの説明を行い、主治医・担任・保護者等と連携して健康管理を行う。
    ②「アトピー性皮膚炎」アレルギー反応と関係があるもののうち、かゆみを伴う湿疹を特徴とする皮膚疾患。
    原因には、たとえばアトピー素因がある者が、アレルギー的因子のある食物を摂取およびダニを吸引。または、汗・化学物質・掻くことの刺激、乾燥、ストレスなどの心理的な原因で発病・悪化すると推察さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。