障害児心理学(教職課程) 第1課題 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数572
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・課題
    ICFモデルの基礎としてのICIDHモデルについて、具体例をあげて説明しなさい

    筆者コメント
    返却に、提出から2か月かかりました。早めに出すことをおすすめします。

    ・講評
    大変わかりやすく書けています。ICIDHを充分理解してこそ、ICFの重要さがわかります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題第1設題
    ICIDH(1980)とは、障害に関する統計・研究・臨床実践・障害福祉政策の立案・評価、市民啓発のための有効手段の開発を目的に、WHOが制定した国際障害分類である。この発表は、「国際障害者年」を翌年に控えていたこともあり、各方面に大きな影響を与えたことでも知られている。ところが、発表当時は画期的と評価されたものの、やがて「医学モデルである」といった批判が出るようになり、新たにICF(2001)が採択された。こうした流れにより、ICIDHは表舞台から退場したように見えるが、ICFを理解し、補うためにもその範囲・内容を理解しておくことが必要である。 
    よってここでは、ICIDHモデルについて、具体例をあげて説明を試みる。そのためにまず、ICIDHモデルについて簡単にまとめる。
    ICIDHモデルでは、「疾病(Disease)→機能障害(Impairment)→能力低下(Disability)→社会的不利(Handicap)」と提示している。具体的には順に、「①個人の内部におけるなんらかの異常・病因が身体の構造や機能変化をもたらすもの、②器官レベルにおける心理的・生理的・解剖..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。