教育経営論 試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数145
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    新課題(平成24年度のレポートを提出した方)対応の試験対策です。私が確認した出題方法は、設題3つの中から1つを選択して記述する形式です。
    この設題3つには多くのパターンがありますが、その内のどれが出ても答えられるように作りました。なので傾向が変わっていなければ、この資料にある記述問題4つの内ひとつは出題されるかと思います。
    全部を暗記するのは大変だと思いますが、どうぞ参考程度に役立ててください。ちなみに私は、対策①が設題に出たのでこれを選択して評価Aでした。

    ・参考文献
    『日本国憲法要論』廣田健次 南窓社 2006,1
    『学校経営の基礎・基本』牧 昌見 教育開発研究所 2007,8.30
    『学校組織におけるコミュニケーション―高等学校における主任の機能に注目して―』高山望 http://www.t-netsurf.com/nozomi/master/index.html   2003

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育経営論テスト問題
    ①憲法26条を記述し、子供の「教育を受ける権利」について述べなさい。
    教育を受ける権利は、社会権の一つである。具体的には日本国憲法第26条において、①すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。②すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負い、義務教育は、これを無償とすることが明記されている。そしてこの教育を受ける権利の中で重要なのが、学習権である。学習権とは、国民一人ひとりが成長・発達し、自己の人格を完成・実現するために必要な学習をする固有の権利であり、特に自ら学習することができない子供が、教育を自己に施すことを、大人一般に対して要求する権利をいう(旭川学テ事件判決)。ここでは教育を受ける権利として、学校選択権・教師選択権・教育内容請求権といった人権保障に関する内容も含まれる。しかし、子どもが教育を受ける権利を自ら行使するには限界がある。そこで、日本国憲法26条2項に、「親権者は、子どもに普通教育を受けさせる義務を第一義的に負う者である」とあることから、親などの保護者・親..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。