社会福祉士援助技術総論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数308
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士の役割と専門性について具代的に論じてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課 題)
     社会福祉士の役割と専門性について具代的に論じてください。
    (解 答)
     社会福祉士とは、1987(昭和62)年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる者の国家資格である。同法の第2条では、社会福祉士は「専門的知識及び技術を持って、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者とその連絡及び調整を行うこと」と規定されている。2007(平成19)年の法改正では義務規定が見直された。「誠実義務」と「資質向上の債務」が加わり、他職種との「連携」の規定が見直されている。「誠実義務」では、「その担当する者が個人の尊厳を保持し、その有する能力及び適性に応じ自立した日常生活が営むことができるよう、常にその者の立場に立って、誠実にその業務を行わなければならない」(同法第44条の2)とされている。「資質向上の責務」では、資格取得後の自己研さんが求められている(同法第47条の2)。また、「連携」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。