社会福祉士援助技術総論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数156
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワークの形成過程についてまとめてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課 題)
     ソーシャルワークの形成過程についてまとめてください。
    (解 答)
     ソーシャルワークの歴史は貧困問題への対応から始まった。19世紀のイギリスは、貧困者への救済活動として、キリスト教の思想に基づく私的な慈善活動が行われていたが、貧困問題が深刻化する状況のなかで、個別の団体による慈善活動では対応できない状況になっていた。そこで多くの慈善団体の連絡や調整を行うことで、救済の合理化や組織化を図ることを目的に、1869年にロンドンで「慈善組織協会」(Charity Organization Society = COS)が設立された。
     そこでは、「友愛訪問員」と呼ばれるボランティアによる貧困家庭への個別訪問活動(友愛訪問)が行われた。友愛訪問員は、「施しではなく友人を」の精神に基づき、貧困家庭を訪問して、調査や自立のための道徳的な指導を行ったとされる。  
     貧困家庭への訪問を専門的な活動にしていこうとする動きを推しすすめ,専門職化に大きく貢献したのが、後に「ケースワークの母」と呼ばれるようになるリッチモンド(M. E. Richmond)である。リッチモンドが 1917年に著した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。