法社会学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数375
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「日常世界と権利」を読んで得られた見解
    法律に定義されているような権利が現実社会においても同様に認識されていることはあまりないと考えられる。というのも、私や多くの人々が日常生活において、そんなことを考え意識することはないからだ。しかし、考えてみればそれは当然で私たちの日常生活というごく普通の営みがごく普通に行われるために規定という名の権利が生まれた。「日常世界と権利」の中に『「国家が認めたら権利」になるという考え方ではなくて、その前に社会現象の次元で権利が生成してくる。』とあるように、権利はもともと普通の生活の営みを妨害するものに対する反抗から生まれたものである。「日常世界と権利」の本文の例、日照権にあるように本来太陽の光とは当然のものであって、誰しもが享受できるものであった。しかし、技術の進歩で高層ビルが可能となった今、平屋建てが当然とされていた時代のように平等に日光を得られることは難しい。当然そうなれば、一般の人々はこの状況に対して不満を持ち以前のような当然の生活状況を求めるようになる。これが、権利を生み出す種になる。法律の世界から人々の当然の生活に支障があるからそれを守るために権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。