窓にみるヨーロッパの影響

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数284
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    窓にみるヨーロッパの影響
    簡単な本文の説明
    窓から日本が受けたヨーロッパ文化の影響を述べていきたいと思う。日本の窓の変化の歴史を、大きく開国以前、明治時代、近代の三つに分けて述べていく。その中で、窓の役目を開放性と光の捉え方を中心に考慮していきたい。最後には現代の日本人の窓に対する考えの変化と実情を述べる
     そもそも窓というものは、原来煙だしの役目を負っていた。しかし、季節、風土、社会環境などの影響を受けて、その役目、構造を変化させてきた。そして、日本の窓とヨーロッパの窓は建築の構造、用いられる材料からも根本的な違いが見られる。 『日本語の「まど」は「間戸」あるいは「間処」であるという。一方英語の窓「window」はwind+ow、すなわち「風の目」に原意があるとされる。』( 1 ) つまり、日本の建築は古くから木を用いており、その構造は柱をたてて上を梁でつなぎ、屋根を架けて内部空間を確保した開放的な構造になっている。そして、「まど」はヨーロッパのように風を通すことを役割とはせず、むしろ日本の「まど」は壁の一種としての役割を果たすことになる。『明障子を建てた「まど」は、壁面の穴ではな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。