国文学史Ⅱ 分冊2 2014 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数345
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 自然主義文学の特性について述べ、代表的作家とその作品について解説せよ。
    合格レポートです。参考までにご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国文学史Ⅱ 分冊2 平成25年・26年報告課題
    <自然主義文学の特性について述べ、代表的作家とその作品について解説せよ。>
     文学史上の通念として、明治四〇年代の自然主義文学に対して、小杉天外、永井荷風らによる三〇年代中葉の意識的にゾライズムに立った文学を、前期自然主義文学と称している。明治四〇年代の自然主義文学は、ただの自然主義か、あるいはヨーロッパ自然主義の影響の濃い前期のそれに対して、日本独自の要素を多く持つため、日本自然主義と称したりする。
     フランスの作家、エミール・ゾラは、クロード・ベルナールの実験医学の方法に学んだ、「実験小説論」(一八八〇)で科学的な実験と観察による小説の手法を提唱し、自然主義の中心的理論となった。日本におけるゾラの紹介は、早く中江兆民の仏人ヴェロンの美学書邦訳『維氏美学』(明一六)に始まり、文学者による本格的な紹介、批評は森鴎外の「小説論」(『読売新聞』明二二)がその嚆矢であったが、ゾラの本格的な需要は三〇年代に入ってからである。日清戦争後の文壇において従来の硯友社風写実小説が否定され、より切実に人生や社会を反映した作品が、深刻小説や観念小説、さらには..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。