情報概論 分冊1 2014 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数303
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 インターネットを利用してビジネスを展開すると個人情報の漏洩が問題になることがある。この問題も含め、個人情報の保護とは何かを述べ、これを保護するためにどんな技術がインターネットで展開されているかを説明しなさい。
    合格レポートです。参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報概論 分冊1 平成25・26年報告課題
    <インターネットを利用してビジネスを展開すると個人情報の漏洩が問題になることがある。この問題も含め、個人情報の保護とは何かを述べ、これを保護するためにどんな技術がインターネットで展開されているかを説明しなさい。>
     個人情報とは、直接・間接を問わず個人を特定できる情報である。個人情報が悪用されるとプライバシーが侵害され、精神的なダメージを受けたり、安全が脅かされたりすることがある。そのような外部からの脅威や攻撃からデータを保護することを「情報セキュリティー」といい、「情報セキュリティー」が確保しようとする目標事項は、1992年にOECD(経済協力開発機構)が発表した「情報システムのセキュリティのためのガイドライン」の中の次の3項目であるとされている。①「可用性」は情報へのアクセスや処理が、いつでも確実に行える性質のこと。つまり、障害によりデータにアクセスできないか、情報システムの利用ができないといった事態を防ぐこと。②「完全性」は情報が欠落なく完全な状態であることや、処理が正確で確実に行われる性質のこと。つまり、データの改変や削除を防いだり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。