文章表現法 分冊1 2014 合格レポート 日大通信教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数340
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 「話しことば」と「書きことば」の機能や特質について説明しなさい。
    合格レポートです。参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文章表現法 分冊1 平成25・26年報告課題
    <「話しことば」と「書きことば」の機能や特質について説明しなさい。>
     ことばの持つ重要な機能は、思考と伝達である。われわれは、ことばを通してものごとを考え、ことばにはならない漠然としたイメージをいただいている時にさえ、心ではいつの間にか内言語をつぶやいていつものである。ことばによって思考を深めたり、現象をとらえたりできるため、思考は重要な役割を果たす。また、われわれはことばを通してものごとを考えるとともに、その考えたことがらや時には身近に起こった出来事などを、人に伝えたいという欲求を持つものである。現在われわれが用いていることばは、原則的には、話しことばと書きことばの二つであるが、まず「話しことば」の機能や特質について説明する。
     話しことばは、心に思うことを音声によって表現し、それを聞き手に伝えようとする音声言語である。媒材となるものが音声であるだけに、そこからは様々な特徴と制約とが派生する。例えば、伝達の範囲が限定されるということである。テレビや電話などといった利器を通さないかぎり、話しことばは音声が届く範囲にしか伝達されない。一方、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。