文章表現法 分冊2 2013 合格レポート 日大通信教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数223
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 文芸評論家の書いた説得や説明を主眼とする評論を取り上げ、その主題・方法・特質などについて説明しなさい。(評論分の引用は、説明する内容を的確に示す部分)
    合格レポートです。参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文章表現法 分冊2 平成25・26年報告課題
    <文芸評論家の書いた説得や説明を主眼とする評論を取り上げ、その主題・方法・特質などについて説明しなさい。(評論分の引用は、説明する内容を的確に示す部分)>
     評論文とは、物事の意味や価値などについて批評し論じた文章全般のことである。主題がどのように論述されているかに注目し、文章の展開について説明し、また文章の特質、特徴について述べる。今回取り上げるのは、『石と光の思想 ヨーロッパで考えたこと』饗庭孝男(一九七一年 勁草書房)に収められている『石の思想』と題する文章を取り上げて論じていきたい。
     まず、第一段落では一文のみであるが、「人間が石造りの建物に住んでいるという事実から受ける奇妙な嘔吐感、または眩暈感であった。」という、大袈裟すぎるような筆者が感じた印象から始まっている。
     第二段落では、奇妙な嘔吐感や眩暈感を感じた時に、あらためて自分の存在とは、日本で木という有機物でつくられた建物と連関し生きていた有機物的存在であることを自覚した。そして木とわれわれ人間は同じ自然的で有機的な存在であるため、密接に結びついている、と締めくくっている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。