道徳教育の研究 分冊1 2013 合格レポート 日本大学通信教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数206
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 「道徳の時間」の目標と内容、そして指導方法について論述せよ。(一六〇〇字以上は不可)
    合格レポートです。参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の研究 分冊1 平成25・26年報告課題
    <「道徳の時間」の目標と内容、そして指導方法について論述せよ。(一六〇〇字以上は不可)>
     二十一世紀の特徴は、国際化社会であり、情報化社会であり、高学歴社会であり、高齢化社会である。このような二十一世紀を生き抜くことのできる人間を育成するのが「道徳教育」の課題である。ではまず初めにそれに関連した「道徳の時間」の目標について述べる。
     「道徳の時間」の目標は、第一に「計画的、発展的に指導する」ことである。全教育活動との関連を明確にし、生徒の発達の段階に即して、道徳の価値内容について計画的に指導することが重要である。第二に「全体で道徳教育を補充、深化、統合する」ことである。各教科や特別活動での直接的な体験を通して行われる道徳教育を、生徒が十分に理解出来るように働きかけることが重要で、生徒たちの考えや発達を考慮して道徳の時間の説明を行うことで、生徒の理解はより一層深まるのである。また、道徳を単なる知識としてではなく、道徳性が生徒自身の心に響き合って、生徒自身の中で統合され、実践にまで高まることが望まれる。第三に「人間としての生き方についての..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。