聖徳大学_通信教育部_保育科_社会福祉_レポート【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数382
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:現在、わが国で行われている生活保護のあらましを①生活保護制度の目的、②生活保護制度の基本原理、③生活保護実施上の原則、④最近の生活保護の動向について述べなさい。
    注)テキスト、その他類似の図書からの引き写しは認めない。あなた自身の言葉でまとめること。
    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活保護制度の目的(生活保護法第一条)
    生活保護制度は、日本国憲法第二十五条に規定する理念1)に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としている。
    1)すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
    生活保護制度の基本原理
    以下の4項目は、生活保護法の基本原理であり、生活保護法の解釈及び運用は、すべてこの原理に基づいて行われる。(生活保護法第五条)
    国家責任の原理(生活保護法第一条)
    日本国憲法第二十五条の理念により、生活に困窮する国民に対し、国がその責任において保護を行う。
    無差別平等(生活保護法第二条)
    すべて国民は、生活保護法の定める要件を満たす限り、生活保護法による保護を、無差別平等に受けることができる。この原則は、法の下の平等(日本国憲法第十四条:すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。