聖徳大学通信教育_保育科_保育内容・健康_レポート_第2課題【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数375
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:幼児期における運動遊びの重要性について論ぜよ。
    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児期における運動遊びの重要性について、身体及び運動能力の発達、社会性の発達の観点から述べる。
    1.身体及び運動能力の発達
    ①運動コントロール能力の発達
    「誕生から幼児期を経て児童期までは、大脳皮質を中心とした神経系が急激に発達する時期であり、これに伴い運動コントロール能力が急激に発達するのが幼児期である」1)。また「人間の持つ80を超える基本的運動パターンのすべては、幼児期から児童期のはじめ頃までに現れる」1)ことがわかっている。「運動コントロール能力発達の急増期は、発達の敏感期である」1) とされており、運動コントロール能力を最も容易に高めることができる時期であり、運動能力の獲得において重要な時期であるといえる。
    ②運動コントロール能力の高め方
    「効果的に運動コントロール能力を高める運動経験の原則は『運動の多様性』であることが明らかにされている」1)ことから、様々な運動を行うことが重要である。
    「運動の多様性には2つの側面があり、1つは、基礎的運動パターンの多様性、もう1つは、同じ運動パターンのバリエーションである」1)。前者としては、走る、跳ぶ、投げる、打つなどの多様な運動パター..

    コメント1件

    NAIST 販売
    誤記訂正あり 3頁8行目
    誤)幼児期における身体及社会性の発達
    正)幼児期における身体及び社会性の発達
    2014/08/29 9:39 (2年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。