聖徳大学通信教育_保育科_保育内容・健康_レポート_第1課題【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数368
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:基本的生活習慣をしつける際の導入、くり返し、習慣化につき、食事・睡眠・排泄の習慣について、最も重要な点を挙げて考察せよ
    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基本的生活習慣の形成の意義について述べ、食事、睡眠及び排泄の習慣について、乳幼児がこれらを獲得し自立できるよう援助する方法について述べる。
    1.基本的生活習慣の形成の意義
    ①生命・健康の維持及び成長・発達の促進
     乳幼児が育つためには、「食事・睡眠・排泄などの生理的な活動がしっかり行われ、毎日の生活が安定したリズムをもって営まれることが大切」1)である。また、これにより「好奇心や探究心といった精神的活動も活発になり、人とのかかわりや遊びへの意欲も高まっていく」1)ため、生活習慣の獲得は乳幼児の成長や発達に非常に重要である。
    ②社会的必要性
    「人間が創り出した文化は、人間たちが集まり、協力して生きていくための知恵であった。食事の仕方、排泄の仕方、清潔に暮らす方法などの一つ一つが本人の健康のためだけでなく、同時に周りの人々に迷惑をかけず、あるいは助け合っていくためのものである。」1)このことから、乳幼児が基本的生活習慣を身に付けることは、社会で生活するための方法を獲得する、いわば自立へのプロセスと考えられる。
    2.基本的生活習慣の獲得のための援助
    ①食事
     幼稚園教育要領において、「先生や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。