聖徳大学通信教育_保育科_社会的養護レポート【B評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数455
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題1:施設養護の基本原理を用いて、施設で生活するこどもたちにとって必要な援助とは何か説明しなさい。
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     施設養護の目的とその援助について、施設養護の基本原理を用いて述べる。また、子どもの権利保障及び親子関係の尊重についても述べる。
    施設養護の目的とその援助
     施設養護の主な目的は、①子どもの生活の安定、②子どもの発達の保障、③子どもの自立への援助である。
    子どもの生活の安定
     援助が必要である子どもの多くは、生理的欲求(食欲、睡眠、排泄等)または社会的欲求(愛情、所属、独立、承認)の欲求不満を抱えているケースが多い。これら基本的欲求が満たされない不適切な生活環境では、子どもは望ましい発達を阻害されている可能性が高いため、これらの欲求の充足を図ることが重要である。
    日々の生活内容が子どもの人格形成に与える影響は大きい。日々の生活が安定することにより、子どもの情緒も安定し、健全に発達することが可能になるため、規則正しい生活を繰り返し、調和の取れた日常生活の営みへとつなげることは重要である。
    施設においては、集団での生活が基本となるが、その中で、生活空間、時間、食事、衣服、余暇など日常生活全般にわたって個が配慮されるような生活が保障されること、及び個別のニーズが個別に充足させられるような援助..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。