聖徳大学_通信教育_保育科_生物学レポート【S評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数757
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:食物連鎖について述べなさい。
    評価:S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生態学と食物連鎖
    食物連鎖とは生態系における生物の捕食・寄生(摂取、吸収)の関係を捉えることであり、生物の捕食・寄生の関係の連鎖のことである。食物連鎖の関係は複雑に交差して、網の目状になっているため、食物網とも呼ばれている。食物連鎖は食物網を単純化した概念といえる。また、食物連鎖は生態系のエネルギーや物質の流れを理解するうえで重要な概念である。
    生態学の歴史
    歴史的には、Charles Sutherland Eltonが「動物生態学」(1927)において、種間の関係において食う食われるの関係が重要であることを指摘し、食物連鎖を群集の構造の基本であると見なしたところから群集生態学の発展が始まった。
    また、Eugene Pleasants Odamが「生態学の基礎」(1954)において、生物群集の物質生産の面からとらえる必要を強調し、いわゆる生産生態学の発展に寄与した。生産生態学とは、有機物生産を指標として、生物の生態を明らかにしようとするものである。
    食物連鎖の種類
    食物連鎖は、一般的な食物連鎖を捕食連鎖、寄生関係の食物連鎖を寄生連鎖と呼んで区別することがある。
    また、食物連鎖の出発が生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。