【佛教大学】P6302 米文学史 第二設題 レポート A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数488
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価のレポートです。「代表作を挙げながらわかりやすくまとめられています」という所見でした。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。
    アメリカン・ルネッサンスとは、ハーヴァード大学の教授であるマシーセンが19世紀中頃の文学の大きな収穫期を呼ぶのに使った言葉であり、後にそれはアメリカ文学史上に定着した。時期は具体的にはエマソンが牧師を辞任する1832年前後から南北戦争前後にあたる1860年までの約30年間である。ここでのルネッサンスの意味は、本来の意味である「再生・復活」を指すのではなく、「文芸が花開いた」程度の意味である。
     当時のアメリカはイギリスの植民地であったため、独立後も、文化的にはイギリスの影響から脱しきれず、ナショナル・アイデンティティーは生まれなかった。しかし、その広大な国土と多様な自然環境により、次第に独自なものが形づくられていった。鉄道や運河の発達によって西部への進出は勢いを増し、ヨ-ロッパからの移民も着実に増えていった。こんな19世紀の時代背景のもと、アメリカ文学は飛躍的に成長し、文学の黄金時代を形成する。然し社会的には,以前から経済的権益の熾烈な対立が表面化し、南北間の奴隷制をめぐる対立は、やがて南北戦争と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。