【佛教大学】Z1110,Z1118 教育相談の研究(中・高) レポート A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数389
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価のレポートです。(※縦書)「学校の各種指導とカウンセリングの関連についてよく述べられている」と評されました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     「カウンセリングとは、心的構造における、イド・自我・超自我のアンバランスを修正することである。一方で学校カウンセリングとは「学校で行われるカウンセリング」ということよりもっと深く、さらにはこれまでのカウンセリングの粋を超える新しい世界がそこには広がっていると考えられる。」今日ではいじめや不登校、非行、学力低下といった問題が複雑化・深刻化しており、それに対応する教師の負担も大きくなっている。そのような問題に対処するために学校カウンセリングという機関が近年多くの学校で設置されており、生徒の内に秘める悩みや考えていることなどを聞き出し、問題解決にあたっている。一般的に心的構造が安定している成人とは違い、生徒は思春期で、精神的に不安定で善悪の判断もつきにくい。そこで、学校における各種指導が教育相談とどう関わっているのか述べたい。
    教科指導:「最近では、教科指導においてもカウンセリングの活用方法が検討されている。また、近年重視されつつある構成主義的な学習指導(足立、一九九..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。