産業化とそれによる社会の変化について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数322
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本社会学社会科学

    代表キーワード

    社会科学社会学

    資料紹介

    産業化とは何かを述べた後、それによる社会変化についての考察を述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「産業化とそれによる社会の変化について述べよ。」
    Ⅰ.はじめに
    現代社会において、幼児虐待、少子高齢化社会、都市化現象、地球環境問題、感染症な
    どさまざまな問題を抱えている。これらの問題は、少なくとも産業化に伴う社会変化によ
    る影響をうけている。これらを共通した問題として理解していくためには、産業化とは何
    かを知り、そしてどのように社会変化をもたらしたのかを分析していく必要がある。以下
    に、産業化とは何かを簡潔に述べ、産業化による社会変化について代表的な事柄について
    まとめていきたい。
    Ⅱ.産業化とは
    産業化とは、科学技術の革新に基づいて社会の生産水準が持続的に上昇していく過程を
    示す。産業化には、生産技術における生物エネルギーから非生物エネルギーへの動力利用
    の転換、第 1 次産業(農林水産業)から第 2 次産業(鉱工業)、第 3 次産業(商業、サービ
    ス業)への就業人口・所得の比重の移行、社会の機能分化の進展(企業・学校・病院など
    機能を特定化された機能集団が生まれ、機能集団の内部も機能分化する形で組織化される)
    といった変化が含まれる。
    産業化の過程で、第 2 次・第 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。