精神保健における個別課題の取り込みについて述べよ ライフサイクルにおける精神保健について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数228
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ライフサイクルにおける精神保健について述べよ。
    Ⅰ.はじめに
    現代に生きる私たちの生活の背景には、多様性に富む社会変化の連続性のなかにある。この社会の渦の中に巻き込まれている現代人は、多くの社会問題を抱えており、エリクソンの述べるライフサイクルの発達課題を的確に解決しているとは思えにくい。各発達期に分けられた課題を遂行していくためには、個々で解決するのではなく、一連のストーリー性としてとらえ、乳児期から成熟期に至るすべての過程を一つとしたアプローチが必要である。これらの背景には社会があって、それぞれの発達期が相互作用で影響し合うことで発達課題が達成されるためである。
    このような状況下で、健康という見方も変化してきている。このことは精神保健の位置づけは重要なものとなる。以下に精神保健の概要を理解し、今後のライフサイクルへの見解について述べていく。Ⅱ.精神保健の概要 精神保健は行政用語として使用されてきており、この用語では表現しきれない点があること、様々な現象を説明できるという点で、精神保健フィールドの関係者は「メンタルヘルス」という用語を好んだ。メンタルヘルスにおけるウェルビーイングを基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。