下記の言葉をすべて用いながら、統計的仮説検定について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数281
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理統計統計学

    代表キーワード

    統計学心理統計

    資料紹介

    レポートB+です。文章はかなり砕いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    下記の言葉をすべて用いながら、統計的仮説検定について述べよ。
    「母集団」・「標本」・「帰無仮説」・「対立仮説」・「有意水準」
    <はじめに>
     心理学では統計的理解に欠かせない重要な知識であるといわれている。心を数字で表すということがとても理解しがたいものであり、苦手意識がある。以下に、この議題を少しでも理解していくために、できるだけ難しい数式で表現はせず、統計的仮説検定の流れ、意味をおさえていけるようにまとめていきたい。
    <母集団と標本>
     集団全体についておこなう調査を全数調査、集団から抜き出した一部を対象におこなう調査を標本調査という。
     ある一つの会社の製品を調べることはさほど難しくない場合、日本全国にある製品すべてを対象とした場合にはとても難しい問題になる。前者も後者も全数調査となるが、後者の場合のように不可能に近い場合もある。この全数調査の可否は集団の大きさによって決まる。その他にも全数調査ができない対象がある。製品の品質検査となると、規格や安定性、寿命・・・すべての製品を調べることは不可能に近い。これは一部の製品を「ランダム」に抜き出して検査すること、これを標本調査という。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。