相談援助の展開過程における各段階の特徴について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数482
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の展開過程における各段階の特徴について述べよ。
    <はじめに>
     相談援助のプロセスについて、文献¹ではケース発見、インテーク、問題把握・ニーズ確定・事前評価・支援標的・目標設定、支援の計画、支援の実施、モニタリング、終結の段階に分けられている。
     実際にはこの順序通りに進むわけではないが、相談援助の展開過程におけるベースを理解するために、上記の段階過程を踏まえながら以下に述べていく。
    <ケース発見>
     クライエントによっては、自ら相談しようと相談機関を訪ねるかもしれないし、自らは問題を感じておらず、ソーシャルワーカーが問題状況を発見し認識してもらうところから援助を始める場合がある。
     ソーシャルワーカーはさまざまな機関や施設に所属しているが、その所属機関によってクライエントの発見方法は異なってくる。所属機関の性質によって、クライエントとなる人の発見時期や方法、相談援助の開始の契機は様々である。
     クライエントにはボランタリーとインボランタリーに分けられる。前者は自分たちの問題を感じ、問題解決が困難であると認識し、専門科の力を借りようとしている人たちである。後者は相談援助の意味や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。