ソーシャルワークの理念について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数328
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークの理念について述べよ。
    <はじめに>
     理念は人々の決断や解釈の目的とされるものである。ソーシャルワーカーは、ソーシャルワーカーの理念に向かってソーシャルワーク実践を行う。ソーシャルワークの理念には、ソーシャルワークの価値が反映されている。ソーシャルワーカーは、理念として示された方向に向かって実践を積み重ねることになる。
     以下にソーシャルワーク実践と価値、権利擁護、クライエントの尊厳と自己決定についてまとめ、ソーシャルワークの理念を理解していくこととする。
    <ソーシャルワーク実践と価値について>
    ソーシャルワーク実践は、瞬時の判断と行動の積み重ねである。この実践の判断材料が以下のものとなる。
    ①法律、通知等
    ②指針、倫理綱領、行動規範、ガイドライン、マニュアル等
    ③科学的根拠のあるアプローチや支援方法
    ④これまでのさまざまな知見の積み重ねから見出される方向性
    ⑤所属する組織やスーパーバイザーなどから示される方向性
     しかしながら、ソーシャルワーカー判断するのは、上記のいずれかが常に明確な場面ばかりでなく、ソーシャルワーカーとしての判断に依存する場合がある。
     価値がソ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。