ソーシャルワークの形成過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数604
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークの形成過程について述べよ。
    <はじめに>
     ソーシャルワークの役割と意義、相談援助の概念と範囲、理念を理解するために、どのような過程を得て、ソーシャルワークが確立されてきたのかを知る必要がある。また、現代ソーシャルワークは総合的かつ包括的な援助と多職種連携を求められており、その基盤となる要素も捉えていく必要がある。
     以下にソーシャルワークの源流と確立期、発展及び展開期、統合化とジェネラシスト・ソーシャルワークを中心にまとめていき、ソーシャルワークの形成過程について述べていく。
    <ソーシャルワークの源流と確立期>
     9世紀に入る頃、封建会社が確立され農民は重い負担を強いられ、農民は職業選択の自由も移転の自由もなく労働を余儀なくされた。また教会にも献納を強いられ、司教、聖職者、教会建造物、貧者のためにあてる慈善活動を行っていた。
     1800年代に入ってイギリスは産業革命を経験する。産業革命により都市化が進み貧困の問題が明らかとなった。この時代の人々は、貧困の原因は社会にあるのではなく、怠惰や堕落といった個人的な要因に問題があると考えていた。しかし、さまざまな社会調査によっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。