「教養」を身につけることの意義について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数416
ダウンロード数10
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    レポートAでしたが、かなり主観的に砕いてしまっています。参考までに拝見して頂けれたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教養」を身につけることの意義について述べよ。
    Ⅰ.はじめに
     教養を定義つけることは難しいといわれている。従ってその捉え方は多種・多様である。わが国における「教養」とは、「教養人」や「教養がない」といった表現に表れているように、知的・文化的な気高さやエリート性として捉えられている。他国によれば、人間を人間たる所以の特性を備えた存在に育成すべく働きかけていくことに概念化している。辞書を開けば「理想的な文化を築くために必要な想像力や知識や理解力のこと」が共通要素として挙げられている。
     義務教育を受けてきた私は、小さいころから「何故、何のために勉強をするのか」という疑問を持ち続けてきた。現代では社会背景による不景気と失業率、就職率の低下、大
    学進学率の向上等、さまざまな社会変化が起きている。有名大学を卒業したのにも関わらず就職に就けないという話をメディアでも多く報じられている。「教養を身につけることの意味は何か」という疑問はさらに増してきている。
     以下に教養とは何かを確認し、何故必要なのか、身につけることの意義は、について論じてみたい。この課題を機に、この疑問に対して少しでも解決に近づ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。