組織の所属者の成長、活動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数146
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織心理学

    代表キーワード

    組織心理学

    資料紹介

    評価Aです。

    組織の所属者が、成長し、安全かつ適応的に、充実した活動を行い、また組織全体の潜在性や効率性を高めるために、所属者と運営者が留意すべき点について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    組織の所属者が、成長し、安全かつ適応的に、充実した活動を行い、また組織全体の潜在性や効率性を高めるために、所属者と運営者が留意すべき点について述べよ。
    1.はじめに
    人は、おそらく仕事をしないでは生きられない。何らかの組織に雇用されてそこで働く。仕事の支配的な形態であることは、いまも依然として変わりがない。それ故に人は社会生活を送る上で、必ずといっていいほど組織集団に所属することになる。組織集団を理解していくためには、様々な分野から多面的で複雑な知識や考えが必要になる。ここではまず組織における所属者と運営者との両者の関係性から、職務満足や職場におけるストレスなどを中心にまとめていき、組織が活性化させていくために必要と思われる要因を以下に挙げていきたい。
    2.組織における所属者と運営者の相互性な関係にある
    組織に雇われて働けば、個人を受け入れる組織には組織自体の要求があり、これが個人のもつ要求と調和されなければならない。個人と組織の相互作用である。そして、組織の要求も時の経過とともに変化する。ともに進化するシステムである組織と個人の将来の要求をいかに合致させるかである。人生はとぎれること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。