ストレス・トランスアクショナル・モデルの健康心理カウセリングへの応用について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,476
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    健康心理学

    代表キーワード

    健康心理学

    資料紹介

    A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ストレス・トランスアクショナル・モデルの健康心理カウセリングへの応用について述べよ。
    【はじめに】
    アメリカの心理学者、リチャード・ラダルスは、ライフイベントにおけるストレス理論に対し、生活の一定のパターンに変化をおこさせるような日常生活のなかの混乱をよぶ些細な出来事が、常に長期間繰り返されて経験されるというストレスの重要性を主張した。ストレスの特性を主観的、相対的にとらえることの重要性が指摘されるようになり、ラザルスが用いたトランスアクショナルモデルが採用されるようになってきた。ストレスとは、反応でありそれをひきおこす刺激でもあり、生体と環境との間の相互作用的なかかわりのなかでストレスフルと認知されたことがらと、それに能動的に対応しようとする努力を示す。これを基盤として、外的なストレッサ―に対し、認知的評価から対処方略をし、このプロセスに遺伝的要因や状況的要因、その時の心理的要因によって左右され、その結果が心理性生物学的ストレス反応として引き起こすものである(トランスアクショナルモデルの図より)。従って、ある外的要因からなるストレス刺激は人によってとらえかたが異なっていくことを示す。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。