生態系における有機物の合成と重要性について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数162
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    生物学

    代表キーワード

    生物学

    資料紹介

    レポートA評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生態系における有機物の合成と重要性について述べよ。
    生態系には生物群集と環境を総合的にとらえたものである。生物群集は、その役割から、①生産者(植物)、②消費者、③分解者の3つに大別される。ここでいう生態系を、生産者(植物)として捉えていく。
     植物がどのように誕生し、環境との相互作用を起こして変化を遂げてきたか。その背景を踏まえつつ、有機物の合成に必要な環境因子(水・空気・土壌・温度・光)を述べていくこととする。
     生物最古の化石は、約35億年前のバクテリア様のものといわれ、この化石は、外界との境を明確に分かつ細胞膜または細胞壁をもった完成された生物体であった。つまり、生命の誕生は、これよりもはるか以前であると推察されている。生命の起源、当時の海中には酸素が欠乏した状態であったと考えられ、酸素がなくても生存できる原始生命であったと考えられている。
    <水>
     地球上の海の起源は、原始地球を形成した岩石の中に含まれていたものであり、地球内部でそれらの岩石が溶け、気体や水蒸気が火山活動等で外に放出するようになった。やがて地球が冷え、その水蒸気が雨となって海が誕生したといわれている。
     地球表..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。