情報化社会におけるコンピュータについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数478
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    レポートA評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化社会におけるコンピュータについて述べ、今後の電子メディアの展望について述べよ。
    【現代におけるコンピュータの位置づけ】
     個人が利用することを目的として作られたコンピュータをパーソナルコンピュータという。しかし、現在のパーソナルコンピュータの性能は著しく向上し、業務用のコンピュータが浸透してきた。
     パーソナルコンピュータは、1976年にアメリカのコモドール社から発売された「ペット」、1977年にアップル社から発売された「アップルⅡ」の登場から始まった。しかし、初期のパーソナルコンピュータは高価だったため、研究機関などで利用されたにすぎなかった。1981年にIBM社が発売したコンピュータにより、今では社会にパーソナルコンピュータが浸透していき、パーソナルコンピュータという呼び方が一般的に使用されるようになってきた。当初は非力であったメインメモリも現在ではハードディスクの進歩を遂げ、さらに
    使いやすいものへと進化を続けている。
    【どのような場所で、どんな電子メディアがどのように利用されるようになったか】
     極端にいえば、電子メディア社会の特徴的な点は手近なところに様々なメディアが混..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。