外的環境要因によって影響を受ける生理機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数270
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外的環境要因によって影響を受ける生理機能について
     外的環境要因と生理機能の相互性については様々な視点から考えられる。ここでは生体の恒常性の一つ、体温について述べていきたい。体温の生理機能に対する外的環境要因は気温とする。気温の変化でヒトの生理機能はどのように影響を受けているのだろうか。
     ヒトの体温は直腸温37°~38°、腋窩温は36.6°~37°とされており、通常口腔温は腋窩温より0.5°高く、直腸温はさらに0.5°高い。このように、恒温動物といっても、体のすべての部位が常に同じ温度ではないとされている。 
    まず、何故ヒトは体温を一定に保つ必要があるのか。何故ヒトは恒温動物なのだろうか。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。