心理統計の科目終了試験問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数239
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    科目終了試験6演題分となります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理統計 科目終了試験 6科目
    ①平均値と標準偏差を求める意味について
    ②相関関係と因果関係の違いについて
    ③被験者内計画の長所と短所について
    ④「第Ⅰ種の誤り」と「第Ⅱ種の誤り」について
    ⑤交互作用について
    ⑥記述統計と推測統計について
    できるだけ分かりやすくなるように以下の2つから引用・参考にして作成しました。
    引用・参考文献
    1.丹慶勝市 図解雑学統計解析 ナツメ社 2010.5.10
    2.山田剛史 他 よくわかる心理統計 ミネルヴァ書房 2009.2.20
    平均値と標準偏差を求める意味について
    1.はじめに~統計とは何か~
     私たちのまわりには多くの情報があふれている。試合の結果や、株価の為替レート、内閣支持率、降水確率など、これらはいずれも情報である。
     私たちには五感を通していろいろな情報を得ている。この情報を客観的に見て確かなものになったのが「データ」である。これはだれが見ても同じ意味として捉られるものである。もし、人によっては「しょっぱい」と感じ、ある人では「あまい」と感じてしまえば、この情報は「データ」とは言えない。
     この多くのデータが集まったとき、全体として何か規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。