生命を維持するために必要な機能

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数232
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学生理学

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    心理学 生理学 課題レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命を維持するために必要な機能(循環、呼吸、消化・吸収、排泄、内分泌・代謝系、神経系など)について述べよ。
    <循環>
    生命活動を行うために必要な酸素、栄養素、ホルモンなどが細胞や組織に運ばれ、再び元に戻ってくることを循環という。体内の物流システムというべき循環に係わるのは、心臓、血管、リンパ管が挙げられる。この循環には、肺循環と体循環の2つの経路がある。全身を巡ってきた静脈血は、右心室から肺動脈に流れ込み、2方向に分かれて肺門から左右の肺に流入する。肺で二酸化炭素を体外に排出し、酸素を受け取ると、動脈血へと生まれ変わる。こうして酸素を含んだ動脈血は、肺静脈に入り、左心房へ向かう。
    このように、肺を経由して行われるルートを肺循環といい、左心室から大動脈をえて、全身の器官や組織へ行き、上・下大静脈、右心房で行われるルートを体循環と呼ぶ。
    循環器は呼吸器と密接に関係しており、肺循環も体循環もガス交換を行っている。肺循環では、呼吸運動によって得られた空気から酸素を受け取り、二酸化炭素を受け渡ししている。これを外呼吸(外界と生体との間で行われるガス交換)と呼ぶ。一方、体循環では、細胞に酸素を渡し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。