【2016明星過去問&解答例】【経済学概論1】

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数193
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学、経済学概論1の過去問とその解答例です。
    2015年現在、この中からほぼ使いまわしで出題されています。
    2016年以降もその傾向は変わりません。
    事前に準備しておくことで試験をパスしましょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    作成者:100tr
    明星大学科目修了試験 過去問&解答例
    経済学概論1
    *
    *
    *
    ******以下、問題と解答例******
    *
    *
    ●ミクロ経済学とはどういう学問か。
    ミクロ経済学とは、財の価格変化を観察し、構造や仕組みと調査し、生産者・企業・消費者・個人といった経済を担う対象が市場にどのように影響を及ぼすのかを分析する学問分野である。ミクロ経済学ではその市場の需要は常に均衡し、雇用が完全であると仮定しているため、景気の変化によっておこる不況や失業を考慮せずに経済活動を分析するといった特徴が存在する。なお、ミクロ経済学の市場で景気の変動がないのは、供給が市場の中で需要を生み出し、例え売れ残った商品でも値下げし続ければいずれは必ず売ることができるという考えがあるからである。ミクロ経済学は、経済を全体的な視点から調査するマクロ経済学に対し、個人や企業の経済行為を中心にして経済事象を分析していく。
    ●需要曲線がシフトするのはどういう場合か。昔は下駄を履いている人が多かったが最近ではあまり見かけない。下駄の需要曲線はどう変わったのだろうか。
    需要曲線の定義は、ある財に対する消費者の支払意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。