【明星スクーリング】【コンピュータ演習1】テスト課題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数516
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学、コンピュータ演習1のスクーリング内のテスト(課題)の解答例です。
    「課題はこのような紙面で提出する」ということがわかる作りですが、あくまで≪提出した課題の文面をそのまま書き写した≫という点にご注意ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    作成者;100tr
    明星大学 スクーリング内テスト
    【コンピュータ演習1】
    コンピュータ演習1のスクーリング内で出題されたテスト解答です。
    このような形で提出する、と考えていただけるとよいかと思います。
    あくまで、提出用紙の文面をそのまま書き写したものなので注意してください。
    ******
    コンピュータ演習1課題
    2次方程式
    平方根の考え方を用いた解き方 A2 = a のとき、 A = ±√a である。 例 (x−1)2 = 52 のとき、 x−1 = √5 より、 x = 1 +√5 となる。
    ************
    ******
    コンピュータ演習1課題
    課題1のプログラムを以下に示す。
    %WinTpicVersion4.26
    \unitlength 0.1in
    \begin{picture}( 13.2000, 14.1000)( 20.9000,-18.6000)
    % POLYGON 2 0 3 0 Black White
    % 4 2770 620 2200 1810 3410 1810 2770 620
    %
    {\color[named]{Black}{%
    \special{..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。