【2015明星レポート】【児童心理学】【1,2単位目セット】

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数277
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学、児童心理学の合格レポート2単位分です。
    不合格者は少なくは無いようですが、1回で合格をいただきました。
    是非参考にしてみてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    作成者;100tr
    明星大学 合格レポート
    【児童心理学】【1単位目】【2単位目】 セット
    *
    児童心理学の1単位目と2単位目の合格レポートです。
    *
    *
    ******1単位目******
    子どもの愛着形成について説明しなさい。
    *
     子どもの「愛着」についてBowlby(1969)は、「特定の存在に対して接近を維持しようとする愛情の絆」と定義している。
     生まれてきたとき、最初に出会う人間はたいていの場合母親や父親である。彼らは赤ちゃんが泣けば多様な反応を示してくれる存在である。お腹がすいたと泣けばミルクをくれるし、不快だと泣けば「よしよし」とあやしてくれる。
     このようなかかわりが続くと、子どもは自分のことを特別に愛し常にかかわってくれる存在として親を認知し、親以外の人間とは異なる愛情の示し方を親に対してみせるようになる。
     Bowlby(1969)はこの「愛着」の4つの発達段階を以下のように明らかにした。
     第一段階:生後2,3カ月までで、誰にでもかかわるための反応や行動がみられる。にこっとしたり、じっとみつめたり、目で追ったり声を出したりそばにいる人に手をだしたりする。
     第二..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。