【明星過去問&解答例】【中等教育相談の基礎と方法】

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数758
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学科目終了試験、中等教育相談の基礎と方法の過去問とその解答例です。
    2015年度まで、この中から高確率で使い回しで出題されています。
    事前に自分なりに解答をまとめておくことで試験は突破できるでしょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    作成者:100tr
    明星大学科目終了試験 過去問&解答例
    中等教育相談の基礎と方法
    *
    *
    *
    *
    ******以下、問題と解答例******
    *
    *
    1.中学生・高校生が疾患する可能性のある代表的な精神疾患について説明し、それらの疾患が教育相談を通じて疑われた場合の対応について述べなさい。
    中高生の疾患する精神疾患として気分障害(うつ病、躁病)、統合失調症、パニック障害、摂食障害等がある。うつ病の場合、エネルギーをあまり使わせないように気を付け、静養を勧める事が重要である。また、躁病場合においてもあまりエネルギーを使い過ぎるうつ病になる事もあるので注意が必要である。統合失調症の場合、現実ではない声が聞こえ、現実ではない事を現実に思うようになってしまう。本人に対して否定しても水掛け論になり、妄想は修正されない。それが現実では無いことを認識させ、病気である事を認識させるためには複数の教職員での対応が望ましいと言える。パニック障害の場合、突然死の恐怖に襲われるくらいの不安と激しい身体症状が発生する。発作時に過呼吸症候群になる場合があり、その場合には紙袋等を口に当ててゆっくり息が吐けるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。