【明星過去問&解答例】法律学概論1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数400
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学科目終了試験、法律学概論1の過去問とその解答例です。
    2014、15年は、この中からほぼ使い回しで出題されています。
    今後もその傾向は続きます。
    事前に自分なりにまとめておくことで試験をパスしましょう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    作成者:100tr
    明星大学科目終了試験 過去問&解答例
    法律学概論1
    *
    *
    ***科目概要***
    国内法のみならず国際法を含めた法が、私たちの生活の中でどのような役割を果たしているのかを明らかにしていく。
    たとえば、人権保障の分野で国内法と国際法がどのように関連しているのかを明らかにする。
    *
    *
    ******以下、問題と解答例******
    *
    *
    1. 法と道徳の差異および関係について論じなさい。
    ①法
    ・人の外部的行為を規律の対象にする。
    ・その違反に対し強制を伴う。
    ・国家の強制権力の行使と深く結びついている。
    ②道徳
    ・良心といったような人の内面性を規律。
    ・人の自発的意思によって順守されるもの。
    法と道徳の基本的な違いは、法は国家が強制力を持って国民に順守させるものだが、道徳は慣習・文化であり、強制力があるというよりは集団のなかの「暗黙の了解」のような部分がある。
    2. 法の解釈にはどのような方法があるのかについて論じなさい。
    裁判の過程は事実の認定と法の適用に大別されるが,法の解釈は法の適用に際して法文の意味を明晰化する作業である。法のことばは通常、幅のあるいろいろな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。